軽減特例

| 未分類 |

バリアフリー工事や省エネ工事を行う場合は、特定増改築等住宅借入金等特別控除の対象になります。
この特定増改築等住宅借入金等特別控除と言うのは軽減特例の一つであり、住宅をバリアフリー化させたり、省エネ対応の住宅のリフォームなどを行った際には、居住の用に供した年分以後の、1年間の所得税額から控除が行われると言うルールになります。

簡単に言えば、バリアフリー化をさせたり、住宅のエネルギーを省エネルギー化を行う工事を行った場合は、年間の所得税の中から控除を受けることが出来るという事なのです。

バリアフリーや省エネ住宅にリフォームするという事は、費用が掛かることでもあるわけですが、これらは何れも誰もが住みやすい住宅を作る事、エネルギーの節約を図ると言った目的が在ります。
それ故に、その目的を達成させるために支払っている工事費用の一部分が還付されるというのが、この特定増改築等住宅借入金等特別控除になるわけです。

尚、この特例を受けることが出来るのは、あくまでも自らが住む住宅であり、他の住居などのように、自らが住まない住宅においては適用されませんので注意が必要です。
また、対象となる住宅に平成20年4月1日から平成29年12月31日までの間に、自己の居住の用に供しているなどの条件が有ります。