» 未分類のブログ記事

新築住宅の固定資産税の課税の特例です。固定資産税は1月1日現在の所有者にかかりますが、その年の1月1日において住宅やアパートなどの敷地として利用されている土地については、その面積によって小規模住宅用地と一般住宅用地に区分され特例措置で税金が軽減されています。
住宅やアパートの敷地が200平方メートル以下の部分で固定資産税が価格の6分の1の特例率に、都市計画税が価格の3分の1の特例率になっています。200平方メートルを超えると、それぞれ3分の1と3分の2になります。

固定資産税は建物にもかかりますが、新築建物は120平方メートルまでの部分について3年間・5年間にわたって固定資産税が2分の1になります。これは平成26年3月31日までに新築された場合の特例です。3階建て以上の耐火構造・準耐火構造の住宅は新築後5年、それ以外の一般住宅は新築後3年です。

固定資産税は1月1日現在の土地と建物の所有者に対して市区町村が課税します。税額軽減の特例は特に申請しなくても市区町村が手続きをとってくれます。1月1日の時点で住宅を建て替え中でも同一の敷地で土地と建物の所有者が同一なら敷地に対する固定資産税の軽減を受けることができます。

軽減特例

| 未分類 |

バリアフリー工事や省エネ工事を行う場合は、特定増改築等住宅借入金等特別控除の対象になります。
この特定増改築等住宅借入金等特別控除と言うのは軽減特例の一つであり、住宅をバリアフリー化させたり、省エネ対応の住宅のリフォームなどを行った際には、居住の用に供した年分以後の、1年間の所得税額から控除が行われると言うルールになります。

簡単に言えば、バリアフリー化をさせたり、住宅のエネルギーを省エネルギー化を行う工事を行った場合は、年間の所得税の中から控除を受けることが出来るという事なのです。

バリアフリーや省エネ住宅にリフォームするという事は、費用が掛かることでもあるわけですが、これらは何れも誰もが住みやすい住宅を作る事、エネルギーの節約を図ると言った目的が在ります。
それ故に、その目的を達成させるために支払っている工事費用の一部分が還付されるというのが、この特定増改築等住宅借入金等特別控除になるわけです。

尚、この特例を受けることが出来るのは、あくまでも自らが住む住宅であり、他の住居などのように、自らが住まない住宅においては適用されませんので注意が必要です。
また、対象となる住宅に平成20年4月1日から平成29年12月31日までの間に、自己の居住の用に供しているなどの条件が有ります。

東日本大震災が発生してから、日本各地で防災や減災への関心が急激に高まっています。さまざまな防災対策の中で、まず自分の命を守るためにおこなうべきなのが、自宅の耐震化です。
国や自治体は、家屋の耐震化を推進するため、耐震工事をおこなった場合に、税額の特例を設けています。簡単に言うと、耐震化の工事にかかった費用を税金の控除対象にして、個人個人の防災対策を補助するかたちにしているのです。
たとえば東海地震の被害が予測されている静岡県では、具体的に次のような特例が定められています。
対象になるのは静岡県全域の一般住宅で、昭和56年(1981年)5月31日以前に建てられた(着工された)住宅になります。これは、現在の耐震基準が作られる前に建てられた住宅、という意味です。
古い建物を現在の耐震基準に高める工事が耐震補強工事とみなされ、一定の控除対象になります。耐震補強工事にかかった費用の10パーセントが所得税額から控除され、工事費用には国が定める上限額があります。
この特例を受けるには、確定申告が必要です。建築士や市長村、専門の検査機関が発行した証明書を、確定申告書に添付して申告します。
自分の住む自治体の特例を調べ、防災対策に役立てたいものです。

毎年1月1日の時点で、課税台帳に登録されている土地・家屋などの不動産または償却資産の所有者に対して固定資産税が課されます。税額は固定資産税評価額の1.4%が標準ですが、住宅用地の場合は特例措置が適用され、税負担が軽減されます。
住宅用家屋が建築されている住宅用地は、特例措置により住宅用家屋の床面積の10倍までの面積について税負担が軽減されます。住宅用地の内、一戸あたり200平方メートル迄の部分を小規模住宅用地と呼び、特例として固定資産税の課税標準額が評価額の1/6になります。
また、この200平方メートル以外の部分を一般住宅用地と呼び、住宅用家屋の床面積の10倍迄であれば、固定資産税の課税標準額が評価額の1/3になります。
この特例措置は一戸あたりのものなので、アパートを建てた場合には、その戸数次第でどんなに広い土地でも全体の課税標準額を1/6にすることが可能になります。アパートにおける1戸の定義として、玄関、トイレ、台所等が別々である利用上の独立、間が仕切られている構造上の独立というものがあります。
2世帯住宅の戸数を2として特例措置の適用範囲を広げる場合も独立性が求められますが、区分所有の登記がされていれば、問題なく認定されます。

固定資産税の特例

| 未分類 |

毎年1月1日現在で、課税台帳に登録されている土地、家屋、償却資産を保有している人が納めることになる固定資産税。原則として固定資産税評価額に1.4%の標準税率を乗じた額が税額となるのですが、この税率に関しては市町村が独自の税率を定めることができるため、具体的な税額は自治体によって異なります。ただしこの固定資産税には住宅用地に関する特例が存在します。居住用の家屋が建てられている住宅用地に関しては、法律により一定の割合まで固定資産税が減額されるのです。
この場合、住宅用地として認められるのは最大でも家屋の床面積の10倍までの広さの土地に限ります。また店舗などと併用している用地に関しては、全体の床面積における居住スペースの床面積の割合によって住宅用地として認められる比率が決定します。
また実際に固定資産税が減額される割合は宅地区分によって異なり、住宅1戸当たり200㎡以下の小規模宅地では固定資産税評価額の6分の1、200㎡を超える一般住宅用地では固定資産税評価額の3分の1が軽減されます。
なおこの軽減措置は一戸建て住宅だけでなく、マンションなどの集合住宅にも適用されます。その場合、規定では一戸当たりの床面積が200㎡であるかどうかが問われるため、各戸の床面積が200㎡を超えていなければ、全体の敷地が広くても固定資産税評価額の6分の1が軽減されることになります。

固定資産税の税率は各市町村などが各自で独自に設定することができます。標準的には固定資産評価額の1.4パーセントで、これよりも高くしてもよいですし、低くしても問題はないとされています。
あまりにも高ければそれを嫌って近隣の市町村などに人口が流出する原因の一つになり得ますし、低ければ税収が少なくなります。このため、なるべく近隣の市町村と横並びで考える場合も多いようです。
固定資産税の対象は土地や建物のほかにも、自動車のうち0ナンバーや9ナンバーのクレーン車などの特殊な用途で用いるものが固定資産税の対象に該当して、この場合は自動車税は課税されません。
固定資産税は1月1日に所有している人にその年の4月から翌年3月までの1年間分が課税されることになります。年の途中に売却しても関係なく課税されますから、売却などした場合には固定資産税分をどうするのかよく当事者間で相談しておくことが必要です。購入者側は自分の名義で納付署などが来ることはありませんが、売る側からすれば納得できない部分があるので、ある程度の負担を求められる可能性はあるでしょう。もちろん売却価格に上乗せされている可能性はありますから、売買契約締結時にも確認しておくことが望ましいでしょう。

固定資産税は、その年の1月1日時点の土地、家屋、償却資産に対して市町村役場が課税する税金です。
土地、家屋、償却資産に対して、それぞれ固定資産税評価額を求めて、それぞれの税率をかけることによって税額が決まります。
土地については、標準宅地は不動産鑑定士が評価した価格に70%を乗じ、画地補正を施して土地の評価額を決めていきます。市街地評価にあたっては路線価を付設して決定します。
家屋については、その家屋を新築した場合の建築費用に経過年数による減価を考慮して評価額を求めます。
償却資産については、耐用年数と取得価格から評価額を算出します。
そうして算出した評価額から、さらに課税標準額を求め、そこからさらに税率を計算したものが固定資産税の課税額となります。
家屋と償却資産については、評価額がそのまま課税標準額となり、それに対して標準では1.4%の割合で課税が行われることになります。
土地については評価額に対して小規模住宅用地では6分の1、一般住宅用地では3分の1の額が課税標準額となり、それに対して標準では1.4%の割合で課税が行われることとなります。

地域によっては、固定資産税とは別に都市計画税を課税している市町村があり、市町村によって異なる算出方法を採用していることが多いため、注意が必要となります。

 

地方税のうち、市町村税である固定資産税は、登記をしていてもしていなくても、1月1日に不動産を所有している場合にその所有者に課税されます。
ここでいう所有者すなわち納税義務者ですが、登記上にははっきり明記されていますし未登記の場合もその所有者を確認する伝続きが市町村で行われるため、逃げ隠れはできません。
登記の手続きは法務局で行いますが、その法務局の登記の情報が定期的に市町村に行くようになっているため、その登記している情報はすべて市町村に知られていると考える必要があります。また、新築の物件の場合は、市町村や都道府県の担当者が新築物件を確認しに来ますので、それを参考に課税するようになります。
たとえば、不動産を何人かで持分を分けているなどの情報もすべて市町村に情報が伝わります。これを受けて市町村では、固定資産課税台帳を手入れして課税に備えるわけです。なお、この情報は都道府県にも伝わり不動産取得税の課税にも使われるようです。
固定資産税の課税については、もしその内容に不服があれば不服審査請求という公的な申し立てを行うことができます。この申し立てでも納得のいく結果にならなければ、訴訟を起こして裁判で白黒つけるという形になります。

固定資産税とは、毎年1月1日現在に不動産などの固定資産を所有している場合に課税される地方税です。課税元は市町村であり、土地や建物、あまり知られてはいませんがほかにも00や99ナンバーの車両も固定資産税の対象になります。この00や99といった車両は自動車税の課税対象ではなく、固定資産税として課税されます。
建物については毎年使用している中で減耗しているという減価償却の考え方から年々その価値が減少するものとされ、増築等していない限りは年々税額は減少するのが常です。
土地については、その土地の価値は増減がありえるので一律に減少するとは考えられていません。このため、固定資産税は、ほぼ横ばいに近い増減で推移するでしょう。
この固定資産税の課税については、その根拠となる固定資産評価額を市町村が管理しており、固定資産課税台帳等の名称で課税部門が保管しています。
また毎年の課税については、3ヶ月に一回程度分けて納税する形式がとられ、それぞれ納期が定められています。納期を過ぎれば延滞金の計算がスタートし、その額が1000円に達しなければ徴収されることはありませんが、もともとの課税額が比較的高い場合はすぐに1000円を超えるため、納期内に速やかに納税する必要があります。